過去の偉人達も実行していた!昔から続く若返り願望

アンチエイジングという言葉は、現在では当たり前の言葉になってきましたが、実は遥か昔から世界中の女性の中で若返り願望というものはあったのです。

世界三大美女と呼ばれるクレオパトラは、美しさを保つために様々な工夫をしてきました。
美肌効果が高いミネラルを豊富に含んだ死海での入浴を欠かさず、また入浴後は保湿効果のあるバラの香油を使用していたとのことです。
普段のスキンケアでは、真珠や酢を溶かして飲んだり、蜂蜜やアロエを髪や肌に塗っていました。
これらの美容方法は現代美学に大きな影響を与えており、クレオパトラが行っていた美容方法は理にかなっていたと言えます。

傾国の美女とも呼ばれる楊貴妃も、様々な美容方法を実践していました。
楊貴妃の美しさの一つでもある髪の毛は、漢詩の中でも歌われています。楊貴妃は髪の毛の美しさを保つために、温泉で洗髪し、自然の風を使いブローをしていたのです。
また、楊貴妃が好んで食していたライチには、ビタミンCやカリウムなど、代謝機能を助ける働きがあり、美肌を保つ効果があります。

このように、古来から続く若返り美容法は、現代の美容面から見ても効果的な物であると言えます。
昔の偉人達の行動から、今も昔も、いつまでも若々しくありたいという女性の願望は変わっていないということが分かります。

いつまでも若く有り続けるための心がけ

いつまでも若く有り続けるためには、肌のケアや洋服などの見た目も大切ですが、心がけなどの気持ちの面も大切になってきます。
今回は、若く有り続けるための気持ちの鉄則をご紹介します。

まず、周りの視線を常に意識しましょう。
自分がどう見られているかを客観的に考えるだけで、歩き方やメイク、服装などをより良く見せようとする意識が働きます。
また、行動面もより良く見せようと気を付けるようになってくるので、自分は常に見られている、という意識を持ちましょう。

新しいことに挑戦することも重要です。
新しいことを始めるということは、それだけでパワーを使います。そのため、自然と行動力が上がり、体力も付いてきます。
体力がある方は年齢に関係なく若く見えます。そのために、常に新しいことに挑戦し続けるようにしましょう。

上記の新しいことに挑戦する、というものに繋がりますが、疲れるからといって面倒くさがらないことが大切です。
見た目を美しく保つことや、やる気を出すことを面倒くさがり、一度手を抜いてしまうと一気に老けてしまいます。
何事も面倒だという気持ちを持たず、活発的に動くことが大切です。

「色」を上手に使って実年齢より若く見せよう

実年齢より若く見せるためには、メイクや洋服などの色使いが重要になってきます。
年齢に合わないからといって明るい色を避け、渋い色や落ち着いた色ばかりを使っていると、逆に老けて見せてしまいます。
若く見せるためには明るい色も積極的に使っていかなければなりません。

まず、メイクはベースメイクを薄めにすることが大切です。
その上で、アイシャドウやチーク、口紅などの色の付いた化粧品を使いましょう。
アイシャドウは、目がパッチリしている方はピンク系の色を使うと良いでしょう。目元が華やかになり、若々しく見せてくれます。
奥二重の方や一重の方は、明るいブラウン系のアイシャドウを使い、目の錯覚を利用し瞳を大きく見せましょう。
チークはオレンジや明るいピンクを選びましょう。血色を良く見せ、見た目が若々しくなります。
口紅は明るすぎる色や濃い色は避けましょう。肌から浮いて見えてしまうため、不自然さが出てしまいます。

洋服は、顔から目線をそらす誘目色を使いましょう。
誘目色とは、人の注目を集める効果がある色のことで、主に暖色系が当てはまります。
誘目色のスカーフやメガネ、上着など、ファッションの一部に使用すると顔から目線をそらすことができます。
また、明るい色使いはその人の印象を若く見せることができます。

「若く見える」という人達の共通点

「実年齢より若く見える」という人には、いくつかの共通点があります。

まず、肌が綺麗な人は性別に関係なく若く見えます。
肌を清潔に保ったり、ハリを維持するためには様々な努力が必要です。忙しくて時間が取れない、という方も、合間の時間を見付けて肌のお手入れをしましょう。
最近では簡単にできるスキンケアやマッサージ方法があるので、一度調べて試してはいかがでしょうか。

姿勢が良い、ということも若く見せる方法です。
姿勢はその人の全体的な印象に大きく関わっています。
猫背の人は、やる気がない、元気がなさそうだという印象を与えてしまいます。
逆に、いつも背筋がピンとしている人は、それだけで美しく見えます。年齢が高い方でも背筋がまっすぐな方は元気な印象を与えます。

また、色々なことに興味を持ち、好奇心旺盛な人はイキイキとしており、老け込まない場合が多いと言われています。
好奇心旺盛という方は常に情報収集をしており、自分のアンテナを高く持っています。そのような方は行動力もあり、それに付随して体力もある方が多数です。
そのため、若く見えるという場合が多いのです。

男性もアンチエイジングを!少しの工夫で若く見せる方法

アンチエイジングというと女性が行っているイメージが大きいですが、男性にもアンチエイジングは効果的です。
実年齢より若く見える男性は異性からは魅力的に見えますし、ビジネスの面でも相手に好印象を与えることができます。
今回は、少しの工夫で若く見せる方法をご紹介します。

まず、髪型の整え方を工夫しましょう。
髪を整える際はポマードで髪をなでつけるのではなく、トップにボリュームを持たせるようにワックスを使いましょう。
トップに厚みを持たせることで若々しく見せることができます。これだけでも見た目の印象を大きく変えることができます。

服装はある程度のフィット感があるものを選びましょう。ダボっとしている服装は時代遅れに見せてしまいます。
現在は、男女ともに身体のラインが見えるようなフィット感のある洋服が主流となっています。
ビジネス面でも、フィット感のあるスーツを着ることでオシャレに見せることができます。
楽な服装ばかり選んでいると気も緩み、身体の緩みにも繋がります。ある程度身体のラインを見せることで周りの視線を意識し、自然と身体も引き締まってきます。

若返りの秘策は眉毛にあり!若返り眉毛の作り方

若返りや若さを保つためには肌のハリも大切ですが、実は眉毛の見せ方も若く見せる重要なポイントになってきます。
第一印象で顔は重要なポイントになってきます。その中でも、眉毛を美しく整えることで顔全体のバランスを良くしてくれます。
眉毛は若く見せる効果の高いパーツなのです。

今回は、若く見せるための眉毛の作り方をご紹介します。

まず、眉頭は少し下げ気味で描くようにしましょう。全体のバランスを見ながら、不自然にならない程度の低さにしましょう。
眉山は、なるべく内側に取るようにしましょう。黒目の外側の縁から垂直にのばしたラインの上に描くと上手くかけます。
両眉の高さは同じにするようにしましょう。眉の高さを合わせることで顔のバランスが良く見えます。眉毛を描くときは大きな鏡で顔全体を見ながら描くと良いでしょう。
眉は、全体的にやや太く、少し鋭角に描くとフェイスラインが引き締まって見えます。
少し太めのナチュラル眉毛は現在の流行りでもあるので、自分がいいなと思ったモデルさんや女優さんの眉毛を参考にしてみるのも手段の一つです。

若さを保ってくれる身近な野菜

老化の大きな原因の一つとして「活性酸素」があげられます。
活性酸素は全身の細胞で常に発生し続けていますが、ある一定の量の発生は問題になりません。
寧ろ、一定量の活性酸素は病原菌を除去する働きを持っていますが、これが大量に発生すると老化や病気などの様々な弊害をもたらします。
この活性酸素の発生を抑制するために「抗酸化作用」が重要になってきます。抗酸化作用は、身近な野菜を食べることで手に入れることができます。

まず、以前ブームになったブロッコリーの新芽があげられます。
ブロッコリーの新芽はβカロチンやビタミンEなど、アンチエイジングには欠かせない成分が含まれています。
また、スルフォラファンという成分も含まれており、これは抗酸化作用や解毒作用があります。
ブロッコリーの新芽は、丸ごと摂取できるサラダやスープにして食べるのがオススメです。

また、安価で手に入るモヤシにも抗酸化作用があります。
モヤシにもスルフォラファンが含まれており、肌のハリを維持するコラーゲン生成を助けるビタミンCも含まれています。

ビタミンCが多く含まれている食材として、芽キャベツがあげられます。これにもスルフォラファンが含まれています。
丸ごと食べられるため、摂取にはシチューなどの煮込み料理がオススメです。

若く見せるには匂いが重要!香水を上手に使い若く見せよう

若く見せるためには肌やメイクなどの見た目だけでなく、その人の香りも重要になってきます。
とあるアンケートによると、約60%の人が、香りに気を使っている人は実年齢より若く見えると回答しています。

香りを演出するための代表的な道具として香水があげられます。香水は古くから使われてきた美容製品で、現代でも女性の必需品となっています。
香水にも様々な種類があります。その中でも若く見せることができる香りが、グレープフルーツを使った香水です。
柑橘系の爽やかで甘すぎない香りが、その人の印象を若々しくしてくれます。
グレープフルーツはダイエットにも効果的と言われていますが、香りでも効果があるのです。

また、バラの香りも効果的と言われています。
バラの香りには精神的なリラックス効果があり、オイルには血流改善や保湿効果、体臭予防の効果があります。

逆に、老けさせて見せてしまう香りがパウダー系の匂いです。
粉っぽい匂いの香水は年齢層が高い方というイメージを持たせてしまうので、注意しましょう。

また、香水は付けすぎにも注意です。きつい香りは相手に悪印象を与えてしまいます。
動いた時にふわっと香る程度に付けるようにしましょう。

若く見せるコツは歩き方にあり!

若く見せるためには、肌やメイクや服装だけでなく、歩き方も重要なポイントになってきます。
加齢により背筋が曲がり、姿勢が悪くなってしまうという方は多くいます。
姿勢を良くするためには、普段の歩き方を意識することが大切です。歩き方を変えるだけで実年齢より若く見せることができます。

まず、歩く際はしっかりとつま先を上げて歩きましょう。すると自然と背筋が伸び、綺麗に歩くことができます。
ピンとした背筋は活発的な印象を与え、若く見せることができます。

また、歩く際は手を大きく振り、歩幅を広くすることが大切です。
高齢者の歩き方は、小幅で動作も小さくなっています。大きな動作で歩くことで元気な印象を与えることができ、また身体を動かす良い運動にもなります。

より美しく歩くために、足の運び方も意識しましょう。
歩いている際は、見えない一本の直線の上を歩くように意識しましょう。そうすることで美しく歩くことができ、相手に好印象を与えます。
実際に、この歩き方はモデルさんが使っている歩き方の一つです。

しっかりとした動きをしながら美しく歩くことで、実年齢より若く見せることができます。

写真で実年齢より若く写す方法

写真を撮った際、加齢によりシワやたるみなどが気になるという方は少なくありません。
若い頃の写真と比べて思わずため息が出てしまう、という方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、若く見せるための写真撮影方法をご紹介します。

まず、写真は正面からでなく斜め上から撮るようにしましょう。
この方法は集合写真では使えませんが、個人的な撮影や自撮りでは大いに活用できます。
斜め上から撮ることでアゴの下のシワの影が薄くなり、若く見せることができます。
また、斜め上から撮ることで自然と上目遣いになるので、目が大きくなり、若く見える効果があります。

斜め上から撮影する方法にプラスして、光の反射を利用した方法があります。
白いハンカチなど、光を反射するものを下に置くことで光が反射し、シワやクマを消すことができます。
写真館などで使われている反射板の小型版のようなものです。
光が上手く反射できないという方は、太陽光の入る窓際で写真を撮ると、肌を明るく見せながらシワやクマを消すことができます。

いずれも簡単な方法なので、是非試してみてください。