バスタイムで対策する背中ニキビ

背中ニキビは毎日のバスタイムで効果的な対策ができます。

背中ニキビの原因の一つが細菌です。殺菌効果のあるせっけんを使用することで背中ニキビの原因となる細菌を減らすことができます。
これを毎日続けることにより、ニキビのできにくい清潔な背中を維持することができます。

背中を洗うときは、肌への刺激が少ないタオルを使いましょう。目の粗いタオル、硬いタオルなどは肌に大きな刺激を与え、ニキビを悪化させてしまいます。
背中ニキビの対策には、肌への刺激が少ない、柔らかいタオルを使いましょう。
また、強い力でゴシゴシ擦るのも厳禁です。泡で包み込むように、優しく洗い流しましょう。

洗ったときの泡を綺麗に洗い流すのも大切です。泡が残ったままの状態で放置しておくとそれが刺激となり、ニキビの原因となります。
また、シャンプーやリンスなども背中に付着してしまいます。お風呂から出る前は、背中をしっかり洗い流すようにしましょう。