背中ニキビの原因

背中ニキビの原因の一つに、真菌があげられます。真菌とはカビの一種で、毛穴に入り込むと炎症が起こり、ニキビができてしまいます。
これを放置しておくと毛嚢炎という皮膚の病気に繋がります。毛嚢炎とは、毛穴の奥にある体毛周りの皮膚組織層が炎症を起こす病気で、背中だけでなく首や胸、太ももやお尻などにもできます。

汗による蒸れでも背中ニキビは起こります。特に、背中は常に衣服に覆われており、通気性は悪い場所です。気温や湿度によって蒸れが引き起こされ、背中ニキビが起こります。
その他にも、衣服の擦れや刺激によっても背中ニキビは起こります。顔ニキビにはない独特の原因です。背中ニキビを予防するには、衣服に気を付けなければなりません。
センシア美顔器 韓国
背中ニキビは病気の症状の一つである可能性もあります。
例えば糖尿病などの内臓系の疾患で、背中ニキビができるケースがあります。内臓系の疾患は見た目だけでは判断できないので、医師による正しい診察と治療が必要です。