「色」を上手に使って実年齢より若く見せよう

実年齢より若く見せるためには、メイクや洋服などの色使いが重要になってきます。
年齢に合わないからといって明るい色を避け、渋い色や落ち着いた色ばかりを使っていると、逆に老けて見せてしまいます。
若く見せるためには明るい色も積極的に使っていかなければなりません。

まず、メイクはベースメイクを薄めにすることが大切です。
その上で、アイシャドウやチーク、口紅などの色の付いた化粧品を使いましょう。
アイシャドウは、目がパッチリしている方はピンク系の色を使うと良いでしょう。目元が華やかになり、若々しく見せてくれます。
奥二重の方や一重の方は、明るいブラウン系のアイシャドウを使い、目の錯覚を利用し瞳を大きく見せましょう。
チークはオレンジや明るいピンクを選びましょう。血色を良く見せ、見た目が若々しくなります。
口紅は明るすぎる色や濃い色は避けましょう。肌から浮いて見えてしまうため、不自然さが出てしまいます。

洋服は、顔から目線をそらす誘目色を使いましょう。
誘目色とは、人の注目を集める効果がある色のことで、主に暖色系が当てはまります。
誘目色のスカーフやメガネ、上着など、ファッションの一部に使用すると顔から目線をそらすことができます。
また、明るい色使いはその人の印象を若く見せることができます。