写真で実年齢より若く写す方法

写真を撮った際、加齢によりシワやたるみなどが気になるという方は少なくありません。
若い頃の写真と比べて思わずため息が出てしまう、という方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、若く見せるための写真撮影方法をご紹介します。

まず、写真は正面からでなく斜め上から撮るようにしましょう。
この方法は集合写真では使えませんが、個人的な撮影や自撮りでは大いに活用できます。
斜め上から撮ることでアゴの下のシワの影が薄くなり、若く見せることができます。
また、斜め上から撮ることで自然と上目遣いになるので、目が大きくなり、若く見える効果があります。

斜め上から撮影する方法にプラスして、光の反射を利用した方法があります。
白いハンカチなど、光を反射するものを下に置くことで光が反射し、シワやクマを消すことができます。
写真館などで使われている反射板の小型版のようなものです。
光が上手く反射できないという方は、太陽光の入る窓際で写真を撮ると、肌を明るく見せながらシワやクマを消すことができます。

いずれも簡単な方法なので、是非試してみてください。