制汗スプレーの正しい選び方

制汗スプレーにはさまざまな種類があります。数多くの商品の中から自分に合ったものを選ぶには、選び方のポイントを押さえておきましょう。

制汗スプレーは基本的に無香料のものを選びましょう。特に女性はフレグランスなどの使用が多いので、制汗剤の香りと混ざると悪臭になる恐れがあります。
また、汗をかいたときの臭いが制汗スプレーの香りと混ざると、逆効果になってしまいます。匂い付きのものを選ぶ場合は注意が必要です。
センシア美顔器 韓国
また、制汗スプレーは殺菌作用のあるものを選びましょう。
汗の臭いは皮膚にある常在菌が原因で起こります。
常在菌は他の強い菌を抑制する働きがありますが、汗をかいて肌の湿気が上がってしまい、雑菌が繁殖しやすい状態となります。
この雑菌がたんぱく質をえさとして、そのときに臭いの原因となるものを作り出してしまうのです。

制汗スプレーの正しい使い方

制汗スプレーは正しく使うことで高い効果が期待できます。

制汗スプレーは汗をかく前に使うのが基本です。汗をかいた後にスプレーをしても、制汗剤本来の働きは期待できません。
制汗スプレーは汗を抑えるとともに、臭いを抑制する働きがあります。しかし、汗をかいた後ではスプレーだけでは臭いを抑えきれません。
口コミで分かるSENSIA美顔器の効果!
使用するタイミングとしては、外出前がおすすめです。
汗をかく前、朝の準備の際に、気になる部分へ吹きかけましょう。

制汗スプレーは勢いよく噴射する商品が数多くあります。
肌に近すぎる距離で噴射すると、スプレーが肌にダメージを与えてしまいます。炎症や色素沈着などの原因になるので、スプレーは肌から離して使いましょう。

使い捨てワキ汗パッドの上手な使い方

使い捨てワキ汗パッドは上手に活用しましょう。

パッドが吸収できる汗の量は限られています。量を超えるとパッドに吸収しきれず、洋服に汗染みができてしまいます。
一日中着けっぱなしにするのではなく、パッドは定期的に替えるようにしましょう。
センシア 美顔器 口コミ
洋服に貼るシートタイプの使い捨てワキ汗パッドは、長時間洋服に着用し続けると洋服にダメージを与えてしまいます。
使用後はすぐに取り外したり、汗をかかない場所では使わないようにしましょう。

ワキの臭いが気になる場合は、殺菌効果のあるものがおすすめです。
その他にも、保冷剤を入れるポケット付きのものなど、汗を吸収する以外の効果がある商品も数多く販売されているので、用途や目的に合わせて選びましょう。

使い捨てタイプと洗濯タイプ、ワキ汗パッドはどちらがいい?

ワキ汗パッドは使い捨てタイプと洗濯タイプの二種類があります。

どちらがいいのかは人によります。
毎日ワキ汗パッドを使う場合は毎日使える洗濯タイプがおすすめです。使用後に洗濯をすることで繰り返し使えます。
洋服のように洗えば繰り返し使えるので、エコでゴミになりません。コスト削減にもつながります。
センシア美顔器
汗をかく場面が限定的な場合、使い捨てのパッドがおすすめです。汗をかく場面をあらかじめ予測しておき事前に装着して、使い終わったら外して捨てられるので手軽です。
ワキの下に大量に汗をかく場合も、取り外しが簡単な使い捨てがおすすめです。
汗をかいたら定期的に替えて、ワキの下を清潔に保てます。

このように、ワキ汗パッドはどのタイプがいいのか、人によって異なります。
自分の汗のタイプなどに合わせて、最適なものを選びましょう。

気になるワキ汗の臭いの原因

気になるワキ汗の臭いには原因があります。

ワキの下にはアポクリン腺という汗の出る部分があります。
このアポクリン腺から出た汗は脂質やたんぱく質、糖質などが含まれており、しばらく放置しておくと皮脂腺から分泌される脂肪酸や付着したホコリなどが混ざります。
このとき、皮膚の表面にある常在菌がこれらを分解し、独特な臭いが発生します。これがワキ汗の臭いの原因です。
センシア美顔器の驚きの効果が明らかに☆
また、ワキの下は蒸れやすい場所で、臭いの原因となる細菌が繁殖しやすいです。
汗も溜まりやすいので、脂肪酸やホコリと混ざり更に臭いが発生しやすくなります。
ワキの下の臭いを抑えるには、まず汗をこまめに拭き取ることが大切です。通気性のいい服を着て、細菌が繁殖しないようにしましょう。

脇に直接貼るワキ汗パッドの使い方

ワキ汗パッドにはワキの下に直接貼るものがあります。汗を良くかく部分にパッドを直接貼ることで、汗を効果的に吸収できます。

ワキの下に直接貼るタイプのパッドは、好きな大きさにカットしてから使います。
自分のワキの大きさ、気になる部分にのみピンポイントで使えるメリットがあります。
SENSIA美顔器の効果がやばい!
ワキの下に直接貼るタイプなので、シール状になっているものが多いです。良く動くワキの下に合わせてきちんと動く伸縮性があり、違和感は殆どありません。
肌色や透明なパッドを選べば見た目にも自然で、薄着になる機会が多い夏場も気にせず快適に使えます。
汗をかいたらすぐに張り替えられる気軽さも、メリットの一つです。

背中の汗を抑えるなら制汗スプレーがおすすめ

背中の汗を防ぐには制汗剤の活用がおすすめです。
背中は手が届きにくい部分なので、スプレータイプの制汗剤を上手く活用しましょう。

制汗剤は汗をかく前に使うことでその効果が発揮されます。
朝起きて洋服を着る前、背中にスプレーをまんべんなく噴射します。特に背中の上部分は臭いの原因となる皮脂腺が集中しているので、しっかりスプレーをかけましょう。
美顔器センシアでシミが消える?!
このとき気を付けたいのが、スプレーの噴射量と肌との距離です。
大量にスプレーを噴射すると毛穴を塞いでしまい、肌トラブルの原因となるので噴射量には注意が必要です。
また、肌の近くで噴射するとそれ自体が肌へのダメージとなってしまうので、使用する際は十分気を付けてください。

背中の汗のべたつきは毎日のバスタイムが原因?

背中の汗にべたつきを感じた場合、毎日のバスタイムを見直してみましょう。
もし、体を洗うときに背中をゴシゴシ洗いしていた場合、それが背中の汗の原因になっている可能性があります。

べたつきの原因となるのは背中の上部にある皮脂腺です。
この部分をゴシゴシと強い力で洗うと、分泌されている皮脂は洗い流されるのですが、肌を守るのに必要な皮脂までなくなってしまい、皮脂腺からさらに分泌が行われます。
SENSIA美顔器でシミ対策?
これを繰り返していると、皮脂腺から常に多くの皮脂が分泌されるようになってしまい、結果的にべたつきのある汗につながってしまうのです。
べたつきがきになるからゴシゴシ洗うのではなく、優しく泡で包み込むように洗いましょう。手が届く部分はボディタオルを使わず指で撫でるように洗うと効果的です。

背中の汗にはインナーを活用しよう

背中の汗対策にはインナーの着用がおすすめです。

汗はかいたらすぐに拭き取り清潔な状態を保つのが理想的ですが、手が届きにくく気軽に汗を拭き取れない部分なので、汗を吸収するタオルの役目を果たすインナーを着用がおすすめです。
使用するインナーは汗の吸収と蒸発に強い専用のものを選びましょう。また、速乾性の高いものなら、汗をかいた不快感もなく快適に過ごせます。
SENSIA美顔器にはこんな秘密が!
速乾性のないインナーの場合、替えを用意しておくことをおすすめします。
汗を吸収してもそのままの状態で放置しておくと、嫌な臭いの原因になりますし、汗だくのインナーを着たままは不快感が増します。
近年では、薄手の持ち歩きに便利なコンパクトなインナーも販売されているので、これらのグッズを上手く活用しましょう。

背中の汗とは

背中の汗は気が付かないうちにかいています。
目に見えにくい部分なので時間が経って初めて気が付いた、というケースも多いです。

背中には汗をかく「汗腺」という機能が多く存在しています。このため、気温の変化や交感神経が刺激されることにより、汗腺から多くの汗がでてきます。
また、背中は洋服に常に覆われている部分です。このため体の他の部分より汗をかきやすいと言えます。さらに、リュックを背負ったり子どもをおんぶしたりすると、熱がこもり大量の汗をかいてしまいます。
センシア美顔器失敗だった?!
また、背中は汗をかいても手が届きにくい部分なので、体の他の部分のようにさっと拭き取るのが難しいです。
このため、背中の汗には事前の対策が重要となってきます。